情報収集の方法やツール、応用スキルを簡単にまとめて説明します【効率よく新しい発見ができるかも】

豆電球が書いてある黄色の紙が貼ってあるが other

こんにちは。キドラク(KID I LIKE)のかしわいたろうです。
昨年度まで2年間教員として働いており、現在ブロガーとしての道を進んでいます。

決まった情報収集の方法を皆さんはお持ちですか?
僕はこれから紹介するツールを使って情報収集をしていますよ。
TwitterやGoogle検索、はてなブックマーク、Feedly、本などを使っています。

情報収集の方法や各ツールの使い方について簡単にまとめて説明しています。
そして皆さんも知らないだろう裏ワザも紹介しているので、読んでみてください!

この記事を読むと

  • 情報収集の目的がわかる
  • 情報収集のツールとその使い方がカンタンに理解できる
  • 情報収集のコツがわかる

  1. 情報収集の目的とツール【5行で簡単まとめ】
  2. 情報収集の基本的な方法とツールの使い方【簡単まとめ】
    1. 最新の情報|Twitter検索【リスト機能】
      1. Twitterの基本的な使い方【1行ずつ簡単まとめ】
      2. Twitterでの情報収集【これが本題】
        1. リスト機能の使い方
        2. 検索機能の使い方
        3. Twitterをより効果的にする検索方法14選【1行ずつ簡単まとめ】
    2. 知らない情報|Google検索【ググる】
      1. Google検索をするために効果的なアプリ
      2. Google検索をより効果的にする検索方法【僕がよく使うおすすめ検索方法】
        1. 僕がよく使っているおすすめの検索方法はこちら
    3. 需要のある情報|はてなブックマーク【はてブ】
      1. はてなブックマークでできること【簡単に3行まとめ】
      2. はてなブックマークの基本的な3つの使い方【簡単まとめ】
      3. GoogleChoromeの拡張機能が使える
    4. 自分好みの情報|Feedly【ブログサイトのブックマーク】
      1. まず登録が必要です!【無料、簡単まとめ】
      2. ここで先に用語の紹介をしておきます。
      3. Feedlyの基本的な使い方【それぞれ簡単に説明します】
        1. RSSフィードを登録する
        2. RSSフィードを解除する
        3. カテゴリを移動させる
        4. 表示形式を変える
    5. より深い情報を知りたいなら”本”
      1. 本を読むのが苦手という方におすすめの本【読書法の本】
        1. 知識を操る超読書術
        2. 読んだら忘れない読書術
        3. レバレッジ・リーディング
  3. 情報収集のコツ
    1. 情報収集の目的を持つこと
    2. とにかく行動すること
  4. まとめ

情報収集の目的とツール【5行で簡単まとめ】

山の中でコンパスを持つ

情報収集の目的とは、自分が欲しい情報を手に入れるということです。
自分が欲しい情報とはどんなものなのか、次の5つに分けることができると思います。

  • 最新の情報…流行りのものや社会の情勢、ニュースなど
  • 知らない情報…すでに出ている情報や知識、まだ理解できてないことなど
  • 需要がある情報…社会的に必要な情報など
  • 自分好みの情報…趣味や遊び、興味のあることなど
  • より深い情報…自分の得意分野や専門分野、Google検索では出てこない情報など

僕はそれぞれの情報に対して使うツールを決めています!

  • 最新の情報…Twitter
  • 知らない情報…Google検索
  • 需要がある情報…はてなブックマーク
  • 自分好みの情報…Feedly
  • より深い情報…本

情報収集の基本的な方法とツールの使い方【簡単まとめ】

iPhoneで調べている女性

最新の情報|Twitter検索【リスト機能】

僕はTwitterで最新の情報を入手しています。
Twitterの基本的な使い方から最新の情報を入手するための方法を簡単にまとめています。

Twitterとは 「140文字以内のメッセージの投稿でコミュニケーションをとるSNS」

「そんなことわかっているわ!」という人が多いと思います…(笑)
とても有名なSNSサービスですね!

アカウント登録している方も多いと思いますが…
一応こちらにTwitterのHPリンクと登録手順のリンクを載せておきます!
「TwitterのHPリンク」→https://twitter.com/explore
「Twitterの登録手順のリンク」→https://help.twitter.com/ja/create-twitter-account

Twitterの基本的な使い方【1行ずつ簡単まとめ】

  • フォロー…フォローした人の投稿が【タイムライン(基本画面)に表示】される
  • ツイート…自分の発信したい情報を【投稿する】ことができる
  • リプライ…人の投稿に対して【返信する】ことができる
  • いいね…人の投稿の【いいね】ができる。【いいね】した投稿はプロフィール画面に保存される
  • リツイート…一度投稿されたツイートを【再投稿】することができる
  • ダイレクトメッセージ(DM)…【特定の人同士だけでやりとり】ができる
  • ハッシュタグ(#)…「#」の後に言葉をつけると、【タグでまとめる】ことができる
  • モーメント…【複数のツイートをまとめ】て編集することができる。PC版のみの機能
  • アンケート…アンケートを投稿して、【質問に対する回答を集計】することができる

↓もっと詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください!

Twitterでの情報収集【これが本題】

Twitterで僕が使っているのはこの2つの機能です!

  • リスト機能…タイムライン(基本画面)以外で、決めた人のツイートだけを表示できる
  • 検索…リアルタイムのツイートを検索することができる

それぞれ使い方を説明していきますね!

リスト機能の使い方

  1. 右上のプロフィールアイコンをタップする
  2. 「リスト」を選択する
  3. 「リストを作成」をタップする
  4. 「名前」「説明」「非公開」の入力・設定をする
  5. 好きなアカウントを検索して「追加する」を繰り返す
  6. 右下の「完了」をタップすると、リスト完成!

これで厳選したお気に入りの人の投稿のみが見れるようになりますよ!
この機能で自分が気になる人の投稿した情報をまとめて見ています!

検索機能の使い方

  1. 下のバーにある「検索マーク」をタップする
  2. 上にある「キーワード検索」をタップする
  3. 「自分の好きな検索ワード」を入力する
  4. 「話題」を選択すると、【いいねやリツイートが多いツイート】が優先される
  5. 「最新」を選択すると、【時系列的に最新のツイート】が表示される
  6. 「ユーザー」を選択すると、【検索ワードが含まれたユーザー】が表示される
  7. 「画像」を選択すると、【検索ワードが含まれた画像投稿】が表示される
  8. 「動画」を選択すると、【検索ワードが含まれた動画投稿】が表示される

これが検索機能の基本的な使い方です。
ここから紹介する検索方法を知っておくとより効果的な情報収集ができますよ!

Twitterをより効果的にする検索方法14選【1行ずつ簡単まとめ】

  • @検索…「@(ユーザー名)」で、【そのユーザーの投稿やリプライ】が出てくる
  • to検索…「to:(ユーザー名)」で、【そのユーザーへのリプライ】が出てくる
  • from検索…「from:(ユーザー名)」で、【そのユーザーの投稿のみ】が出てくる
  • since検索…「since:(年-月-日) (検索ワード)」で、【指定日から現在まで】絞り込む
  • until検索…「until:(年-月-日) (検索ワード)」で、【過去から指定日まで】絞り込む
  • filter検索(画像)…「filter:images (検索ワード)」で、【画像投稿が最新順で】検索できる
  • filter検索(動画)…「filter:videos (検索ワード)」で、【動画投稿が最新順で】検索できる
  • filter検索(リンク)…「filter:links (検索ワード)」で、【リンクURLを含む投稿】が出てくる
  • filter検索(認証アカ)…「filter:verified (検索ワード)」で、【認証アカ投稿のみ】が出てくる
  • -検索…「-(除外したいワード)」で、【指定したワードを除外】して検索できる
  • 完全一致検索…「”(検索ワード)”」で、【ワードと完全一致した投稿のみ】が出てくる
  • OR検索…「(検索ワード)OR(検索ワード)」で、【どちらかを含む投稿】が出てくる
  • lang検索…「lang:(言語) (検索ワード)」で、【言語圏】を指定して検索できる
  • source検索…「source:(投稿元)」で、【投稿元】を指定して検索できる

検索方法を知っても「応用できない」って方はこちらの記事をご覧ください。

Twitterの検索方法を極めたいという方はぜひ!

という感じでTwitterをうまく使いこなすと最新の情報を効果的に手に入れることができますよ!

知らない情報|Google検索【ググる】

僕はGoogle検索で知らない情報や勉強したいことは調べています!

Google検索(ググる)とは Googleという検索エンジンを使って、情報を検索すること

これもすでに知っている人もいると思います。
この定義は厳密には違うみたいなのですが、そんなに気にすることではないです。

Google検索をするために効果的なアプリ

「GoogleChrome」というアプリがあります。
この「Chrome」を使うことで、「Web検索」に特化して調べることができます。

↓「Google Chrome」のアプリダウンロードはこちらのリンクからできます!
【Mac版】https://www.google.co.jp/chrome/?brand=CHBD&gclid=EAIaIQobChMI3ILBiJyA6QIVS3RgCh0CPw-7EAAYASAAEgIQefD_BwE&gclsrc=aw.ds
【iOS版】https://apps.apple.com/jp/app/google-chrome/id535886823?l=en
【Android版】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.android.chrome&hl=ja

Google検索をより効果的にする検索方法【僕がよく使うおすすめ検索方法】

Google検索をより効果的にする検索方法ですが、
ここでは僕がよく使っているおすすめの検索方法を紹介します。

初心者から上級者の方まで使えるGoogle検索の方法はこちらの記事にまとめられています。

僕がよく使っているおすすめの検索方法はこちら

  • とは検索…「◯◯とは」で、【〇〇が何なのか】が出てくる
  • 画像検索(類似画像)…画像を右クリック「Googleで画像を検索」で、【類似画像】が出てくる
  • ショッピング検索…「ショッピング」タブをクリックして検索で、【商品の販売店と相場】がわかる
  • ツール検索…「ツール」タブをクリックして、【言語、期間、完全一致】の各指定ができる
  • AND検索…「◯◯ △△ ××」のように区切ると、【◯◯と△△と××が含まれる情報】が出てくる
  • OR検索…「◯◯ OR △△」で、【◯◯か△△が含まれる情報】が出てくる
  • NOT検索…「◯◯ -△△」で、【◯◯から△△を除外した情報】が出てくる
  • *検索…「*◯◯」や「◯*◯」などで、【〇〇に*の部分を補完した情報】が出てくる
  • ..検索…「数..数」で、【数値の範囲を指定して】検索することができる
  • filetype検索…「filetype:(ファイルの拡張子)」で、【指定したファイル形式のみ】が出てくる
  • site検索…「site:(WebサイトのURLドメイン)」で、【指定したサイト内の情報のみ】が出てくる
  • related検索…「related:(WebサイトのURLドメイン)」で、【似ているWebサイト】が出てくる
  • intext検索…「intext:○○」で、【◯◯がサイトの本文に含まれている情報】が出てくる

上記13個の検索方法を主に使っています。
基本的には「とは検索」「AND検索」で大丈夫だとは思います!(笑)

Google検索を上手に使えると、情報収集の速度が格段に上がりますよ!

需要のある情報|はてなブックマーク【はてブ】

僕は世の中で話題の情報や需要のある情報は「はてなブックマーク」で仕入れています。
今の流行りを知るにはもってこいのサービスだと思います。

はてなブックマーク(通称:はてブ)とは オンラインにブックマークを保存したり、公開したりできるサービス

株式会社はてなが提供するサービスですが、めちゃくちゃ便利なんです!
はてブで何ができるのかと使い方について簡単にまとめていきます。

はてなブックマークのより詳しい使い方を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

はてなブックマークでできること【簡単に3行まとめ】

  • 記事やサイトをブックマークすることができる
  • ブックマークした記事やサイトを他のユーザーにも共有される
  • 人気記事や話題の記事を見ることができる

この3つ目が今回重要なところなんです!
しかも、無料で登録・利用できるのですごく便利です。
↓こちらがはてなブックマークの公式サイトのリンクなので登録して使ってみてください。
https://b.hatena.ne.jp
「ユーザー登録」から新規登録することができます。

はてなブックマークの基本的な3つの使い方【簡単まとめ】

  • 記事の上部か下部に設置してある「B!」ボタンをクリックしてブックマークする
  • はてなブックマーク内の検索バーから「人気順」「ブックマーク数指定」で検索する
  • はてなブックマークのホームページへ行き、人気記事を眺める

GoogleChoromeの拡張機能が使える

ちなみに、はてなブックマークはGoogleChromeの拡張機能も使えます。
設定の方法はこんな感じで簡単にできます。

  1. はてなブックマークのホームページから「設定」をクリックする
  2. 設定画面の「アプリ・ツール」をクリックする
  3. ブラウザ拡張機能の「Google Chrom 拡張機能」をクリックする
  4. 「Chromeに追加」をクリックする
  5. 右上に「B!」というショートカットができる

こんな感じで、はてなブックマークが簡単に使えるようになります。
この記事にも「B!(はてブ)」のボタンが設置してあります。
ページの上部または下部の「B!」ボタンをクリックしていただけるとモチベーションが上がります!(笑)

基本的に情報収集のためだけなら、
使い方3の「人気記事を眺める」だけでいいのですが!(笑)
いろいろな人と情報を共有することで新しい発見をすることができますよ!

自分好みの情報|Feedly【ブログサイトのブックマーク】

僕は自分の趣味や好きなものに関する情報は「Feedly」で仕入れています!

Feedly(フィードリー)とは 登録したホームページやWebメディアの更新情報をチェックするRSSリーダー

RSSという言葉が分からなくても大丈夫です。
とにかく登録したホームページの更新情報がすぐにチェックできるんです。
自分の趣味や好きなものに関する最新の情報が入ってくるということですね!

Feedlyの基本的な使い方は後ほど紹介しますが詳しく知りたい方は、
こちらの記事に書いてありますのでご覧ください!
<RSSについて詳しく知りたい方>

<Feedly(PC版)について詳しく知りたい方>

まず登録が必要です!【無料、簡単まとめ】

Feedlyを使うためにはまずアカウント登録が必要です。
無料で利用できるサービスなのでご安心ください!
登録する手順を簡単に説明していきますね!

  1. 「Feedly」のホームページにアクセス(リンクはこちら)
  2. 「GET STARTED FOR FREE」をクリック
  3. 「Continue with feedly」をクリック(Googleなどの他のアカウント認証でも登録できます)
  4. 「Full name(名前)」「Email(メールアドレス)」「Password(パスワード)」を入力
  5. 「CREATE MY ACCOUNT」をクリック

これで登録完了です。ここからFeedlyの基本的な使い方を紹介していきますね!

ここで先に用語の紹介をしておきます。

「RSSフィード」…【登録したいホームページやWebメディア、キーワード】のこと

Feedlyの基本的な使い方【それぞれ簡単に説明します】

基本的な使い方は次の4つです!

  • RSSフィードを登録する
  • RSSフィードを解除する
  • カテゴリを移動させる
  • 表示形式を変える

RSSフィードを登録する

  1. 「+(Follow New Sources)」をクリックする
  2. 「Websites(ホームページ)」や「Keyword alerts(キーワード)」、「Twitter feeds」を選択する
  3. 検索バーに「ホームページ名」や「記事のタイトル」、「URL」、「キーワード」を打つ
  4. 出てきた検索結果から登録したいものの「FOLLOW」をクリックする
  5. RSSフィードはカテゴリで管理するので「NEW FEED」でカテゴリを作成する
  6. 「Feed name」にカテゴリ名を入力する(「Suggestions」は他ユーザーが登録したカテゴリ名)
  7. 「CREATE」をクリックすると、RSSフィードが登録できる
  8. カテゴリを一度作っておくと、それ以降は「+ ADD」でRSSフィードが登録できる

RSSフィードを解除する

  1. 画面の左側にある「FEEDS」の右側にある「Hide」マークを押す
  2. 「Organize Sources」と出てくる
  3. 解除したいRSSフィードの枠内の右側の方にマウスを持っていくと「ゴミ箱」のマークが出てくる
  4. 「ゴミ箱」のマークをクリックすると、「Remove this 1 source from your Feedly?」と出てくる
  5. 「YES,REMOVE 1 SOURCE」をクリックで解除できる

カテゴリを移動させる

  1. 画面の左側にある「FEEDS」の右側にある「Hide」マークを押す
  2. カテゴリ移動させたいRSSフィードにチェックをつける
  3. 右上に「REORGANIZE」と出てくるのでクリックする
  4. 「ADDE IN」のチェックを外すと、今入っているカテゴリから除くことができる
  5. 「PERSONAL FEEDS」の中から、移動先のカテゴリにチェックを入れる
  6. 「SAVE」をクリックすれば移動できる

表示形式を変える

  1. 画面の左側の「FEEDS」の中から、表示形式を変えたいカテゴリを選択する
  2. 右上にある「三本線のマーク」をクリックする
  3. 「Title-Only View」、「Magazine View」、「Cards View」、「Article View」から選択する
  4. 「Title-Only View」…記事タイトルのみが縦に並ぶ
  5. 「Magazine View」…画像、タイトル、導入文が縦に並ぶ
  6. 「Cards View」…画像、タイトル、導入文がカード形式に並ぶ
  7. 「Article View」…1記事1記事がほぼそのまま表示される

こんな感じでRSSリーダー「Feedly」は使っていきます。
自分の趣味や好きな情報を効率よく集めることができますよ!
これを使いこなせば、より情報収集が楽しくできます!

「Feedly」はアプリもあります。
同じアカウントで共有して使えるのでとても便利ですよ。
アプリダウンロードのリンクも貼っておくのでぜひご活用くださいな!
【iOS版】https://apps.apple.com/jp/app/feedly-smart-news-reader/id396069556
【Android版】https://play.google.com/store/apps/details?id=com.devhd.feedly&hl=ja

より深い情報を知りたいなら”本”

僕は基本的に上記の情報収集を使っていますが、中には実は正しくない情報があったりします。
これはなんだか怪しいなと思ったものに関しては本を読んで理解するようにしています。
また、より深く知りたいなと思った情報に関しても本を読んで理解しています。

ただ「本を読むの苦手」っていう方もいると思うので、
僕が読書好きになったきっかけの本をこちらに紹介しておきます!
もともと本を読むのが苦手だった僕ですが得意になりましたよ!
この中で気になるものがあればぜひ読んでみてください!

本を読むのが苦手という方におすすめの本【読書法の本】

知識を操る超読書術

この本はメンタリストのDaiGoさんが書かれた本です。
それまでの本の読み方の概念を変えてくれた本です!
この本を読んでから、僕は読書がとても大好きになりました!

読んだら忘れない読書術

この本の著者の樺沢紫苑さんの本はよく僕も読むのですが、精神科医をされている方なんです。
この本では脳科学に基づいた読書法が学べます。
読書をする上で「大切なことはアウトプットなんだ」ということが中心に書かれています!

レバレッジ・リーディング

この本には「速読」よりも「多読」が大切だということが書かれています。
少し古い本ではありますが、ビジネス書を効率的に・戦略的に読む方法が書かれています。

どれか1冊気になったものを読んでみるといいと思います。
「読書をするってこういうことなのか」ってなります!

ちなみに最近の僕は電子書籍を読んでいます。
「Kindele Paperwhite」という電子書籍リーダーは寝る前の読書に最適です。
目に優しくて、軽いのでとても楽々に読書ができますよ!

これから「もっと読書しよう」という方にかなりかなりオススメです!

情報収集のコツ

階段で座って考えている男性

僕は情報収集のコツは次の2つだと思っています。

  • 情報収集の目的を持つこと
  • とにかく行動すること

情報収集の目的を持つこと

情報収集するといっても「何のための情報なのか」が決まっていないと意味がないです。

目的を決めることで、情報収集をしていく流れもわかってきます。

例えば、

  • 「なんの情報を集めるのか」…りんごの情報
  • 「何をするためにその情報が必要なのか」…できるだけ美味しいりんごを食べるため

と考えるといいと思います。

「できるだけ美味しいりんごを食べるための情報」が欲しいなら、
Google検索で「りんご 美味しい 見分け方」「りんご 美味しい 食べ方」と検索すればいいですね!

情報収集の目的を決めることで、効率良く上手に情報が集められます!

とにかく行動すること

とにかく行動するのには2つのメリットがあると思います。

  • 行動することでどんな情報を集めたいのか明確になってくる
  • 行動することでどうやって情報を集めたらいいのか分かってくる

行動すれば、

  • 自分が「わかっていること」と「わかっていないこと」が見えてきます。
  • 「わかっていないこと」が何かわかれば、「どのように調べればいいか」を考えることができます。

ちなみに「どのように調べれかいいか」この記事で紹介してきたツールで解決できると思います。

目的を持って行動していくことで、情報収集の全体像が明確になっていきます。
全体像が見えてくると、効率良く情報収集することができるようになります!

まとめ

PCがたくさんの部屋で会議

  • 情報収集の目的は「自分が欲しい情報を手に入れる」ということ
  • 情報収集のツールの使い方を知って使うことが大切
  • 情報収集のコツは「目的を持つこと」と「とにかく行動すること」

少し長くなってしまいましたが、
この記事には情報収集の方法がたくさん詰まっていたと思います。

もちろん知っているモノもあったと思いますが、

「情報ツールを自分は使いこなせていたか?」

「自分なりに情報収集するときに大切なことって何か?」

こういうことを振り返ることは大切だと思いました。

「無知の知(自分の知らないことを知ること)」は大切だと思います。

大抵の分からないことは調べれば解決できる時代です!

ぜひ、目的を持って行動していってください!

それではまた次回の記事をお待ちください!

このブログでは、おすすめのモノや書籍の紹介や悩み解決など
元教員のかしわいが考え方や価値観の幅を広げる情報を発信していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました