瞑想での呼吸が苦しい原因と改善方法【瞑想に集中する方法】

水中で苦しんでいる女性 other

あなたの疑問

瞑想中の呼吸が苦しいのはなぜ?呼吸が苦しい改善方法を知りたい。
瞑想中の呼吸に集中することができない。どうしたら集中できる?

こんな疑問に答えます。

瞑想の簡単なやり方についてはこちらで紹介していますのでご覧ください。

瞑想は呼吸を使って潜在意識を高めたり、集中力をつけたりする効果があります。
ただ、はじめは「瞑想中の呼吸が苦しい、呼吸に集中できない」という方も多いと思います。

瞑想を苦しまずにしっかり集中して行うにはトレーニングが必要です。
瞑想のトレーニングを楽しんで継続するためにもこの記事を読んでほしいです。

瞑想の呼吸が苦しい原因・改善方法を紹介していきます。
そして、瞑想に集中する方法についても紹介するので参考にしてください!

瞑想での呼吸が苦しい原因

呼吸リズムを真面目に守ろうとしている

瞑想には「4秒吸って、4秒止めて、8秒で吐く」のように呼吸リズムがあります。

しかしまだそのリズムがあなたには合っていないのかもしれません。
それぞれの呼吸リズムがあるので、真面目に呼吸リズムを合わせる必要はありません。

身体に不調がある

単純に体調不調の可能性もあります。

のどが痛い、熱があるのような症状はありませんか?

自分で気づいていないけど、実は体調が悪いときもあります。

そういったときは無理に瞑想はせずに、ゆっくり休んでください。

呼吸が苦しいときの改善方法

自分なりの呼吸リズムの目安を見つける

自分の呼吸リズムを見つけましょう。

僕は「7秒吸って、7秒吐く」ようにしていますが、数ヶ月継続してできるようになってきました。
最初のうちは間隔は短くでいいです。少しずつ長くしていきましょう。

瞑想は頭で考えすぎずに自分のリズムでリラックスして行うことが大切です。

姿勢をよくする【背筋を伸ばす】

背筋をピンッと伸ばしましょう。

猫背になると、肺が広がるスペースが狭くなってしまいます。
頭が上に引っ張られているような感覚で背筋を伸ばすといいです。

肺のスペースを広げるのを意識すると呼吸がとても楽になります。

瞑想に集中する方法

無理のない回数・時間を決める

あらかじめ自分にあった回数・時間を決めておきましょう。

瞑想の効果を感じるには1~2週間は継続する必要があります。

例えば、「1日に5〜10分の瞑想を3回する」のように決めておきましょう。
5分~10分なら比較的かんたんに時間を取ることができると思います。

リラックスしたいなと思ったときに無理なく瞑想をするようにしましょう。

呼吸のみに意識を向ける

瞑想は呼吸に集中することが1番大切です。
特に「呼吸の吐く方」に意識を向けましょう。

瞑想中はいろいろな雑念が出てくると思います。

そんなときはとにかく呼吸に意識を向けることが大切です。

最初は呼吸に集中することも難しいかもしれませんが、なれていきましょう。

落ち着いてから瞑想をする

リラックスした状態をある程度作ってから瞑想をしましょう。

瞑想をすることでリラックスできると思っている方をいるかもしれません。
瞑想がリラクゼーションであることは正しいのですが、少し違います。

瞑想を継続的に行わなければ自然とリラックスできるようにはなりません。
最初のうちは瞑想をする準備をする必要があります。

例えば、散歩をしたり、深呼吸したり、落ち着いた曲やBGMを聞いたりしましょう。

まとめ【無理のない状態で行うことが大切】

  • 呼吸が苦しい原因は無理をしているから
  • 呼吸を苦しいのを改善するためには自分の呼吸リズムを作ること
  • 瞑想に集中するためには吐く呼吸を意識する

瞑想は呼吸がとても大切です。呼吸法にはいろいろな種類があります。

自分にあった呼吸法を探すことでより瞑想に集中することができるようになります。

僕はこちらの本を読んで、自分に合った呼吸法を学びました。
興味があれば読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました