Google日本語入力の基本的な使い方をまとめました

辞書を見ているアヒルの人形 other

こんにちは。
今回はGoogle日本語入力の使い方を紹介していこうと思います。

Google日本語入力はGoogleが開発したIMEです。

Google日本語入力の特徴はこんな感じです。
「学習機能や予測機能が優れている」「無料で利用可能」など。

Google日本語入力を使うと、PCの文章作成が圧倒的に効率化されますよ!

この記事では基本的な使い方から応用的な使い方まで紹介していくので
是非インストールして使ってみてください!
「Google日本語入力」をインストール

「Google日本語入力」の特徴とは

特徴1 便利な補完機能

よく使うフレーズはGoogle 日本語入力が覚えてくれるので、最初の数文字を打てば自動補完されるようになる。

特徴2 常にアップデートされる豊富な語彙

Web で使われている膨大な用語から辞書が作成されている。
辞書は定期的に自動更新され、常に最新の語彙を利用できる。

特徴3 安全で快適なソフトウェア品質

Google 日本語入力は「スピード」「安定性」「セキュリティ」に配慮している。

「Google日本語入力」でできることとは

できること1 入力パターンに合わせて変換をサジェスト

ユーザが入力した変換結果を記憶し、ユーザが同じような文を入力しているとわかったときに「サジェスト」を提示する。

できること2 予測変換で素早い文字入力

豊富な辞書から予測変換を行うので、うろ覚えの単語や言い回し簡単に探し出すことができる。
「きょう」「きのう」と入力すると、変換候補として日付が表示される。

できること3 URLもらくらく入力

URLを入力する時も、わざわざローマ字入力に切り替える必要はない。
「hっtp:・・」と入力すると、それがそのままhttp://と自動的に変換される。

Google日本語入力の基本的な使い方

  • Google日本語入力で文字を入力すると、ユーザーの入力パターンなどを元に、サジェスト候補が表示される。
  • 入力している最中にスペースバーを押すと、変換候補が表示される。
  • 入力している最中にタブキーを押すと、サジェスト機能を起動することができる。
  • サジェスト機能では、Google 日本語入力に内蔵されている辞書のほか、ユーザーの入力履歴に基づき、さらに多くの入力候補を表示する。
  • サジェスト機能に表示させたい候補の種類については、プロパティのサジェストタブから設定することができる。
  • 候補の中から文字を選択するには、カーソルキー[↓]または、タブキーで選択、Enterキーで確定する。

Google日本語入力ですべき基本設定

一般

基本設定

  • ローマ字入力・かな入力…ローマ字入力・かな入力を選択できる
  • 句読点…句読点のフォーマットを変更することができる
  • 記号…カギ括弧などの記号のフォーマットを変更することができる
  • スペースの入力…スペースの全角、半角表示を変更することができる

辞書

  • 学習機能
  • 有効…習機能を有効にする。初期設定では学習が有効になっている。
  • 有効(新規学習はしない)…この設定を行った以降の入力パターン学習が行われなくなる。
  • 無効…学習機能を無効化する。無効にしても学習履歴は削除されない。
  • 学習履歴のクリア…今までの学習履歴がすべて削除され、変換候補に表示されなくなる。なお、入力履歴からのサジェスト データはこの操作では削除されない。
  • ユーザー辞書
  • ユーザ独自の辞書を作成することができる。[ユーザ辞書の編集] ボタンをクリック、[よみ] 部分にひらがなでの読み方を、[単語] に登録したい単語を入力する。
  • 特殊変換
  • 「計算結果」「郵便番号」などを特別変換することができる。

入力補助

  • 入力補助
  • 自動英数変換を有効にする…ひらがなで「hっtp」と入力した際、「http」に、また「ごおgぇ」と入力すると「google」に、自動的に変換されるようになる。
  • 句読点変換を有効にする…「、。?!」の入力で、変換ができるようになる。

サジェスト

  • サジェスト機能とは、入力途中に予測を行い、入力文字列の下に候補として表示する機能
  • サジェストの種類
  • 入力履歴からのサジェスト自動表示を有効にする…この機能を有効にすると、ユーザーが入力した単語や文章の履歴をもとに、入力途中でも的確と思われる変換候補を予測、サジェストとして表示する。

プライバシー

  • シークレットモード…Google日本語入力がユーザーの入力パターンから学習した単語や文字列を、一時的に変換候補に表示させたくない場合には、このチェックボックスをオンにする。再度表示するには、チェックボックスをオフにする。

その他

  • スタートアップ…Google 日本語入力が規定の IME ではないときに、規定の IME に変更するような確認ダイアログを表示する

Google日本語入力の単語登録と辞書機能の使い方

単語登録の使い方

  1. 上部メニューの「あ」または「A」をクリックする
  2. 「単語登録」をクリックすると、「Google日本語入力 単語登録」ウィンドウが表示される
  3. 「単語」と「よみ」を入力する。例えば、単語は「よろしくおねがいします。」よみは「よろ」
  4. 「品詞」を選択する

辞書機能の使い方

  1. 上部メニューの「あ」または「A」をクリックする
  2. 「辞書ツール」をクリックすると、「Google日本語入力 辞書ツール」ウィンドウが表示される
  3. 単語の「追加」「削除」を行うことができる
  4. 「管理」をクリックすると、次のような操作を行うことができる

  • 辞書を作成
  • 辞書名を変更
  • 選択した辞書を削除
  • 検索
  • 新規辞書にインポート
  • 選択した辞書にインポート
  • 選択した辞書をエクスポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました