SEO外部対策の勉強を90分でしてみた!【ブログ歴1ヶ月初心者の僕】

SEO外部対策記事アイキャッチ画像 SEO

こんにちは、キドラク(KID I LIKE)のかしわいです。

本日は前回の記事に引きつづきSEO外部対策の勉強をしてきました!
前回の記事はこちらです。

前回はSEO内部対策について勉強をしましたが、
今回はSEO対策で重要といわれているSEO外部対策についてのお話です。

SEO外部対策を学んでみて
「SEO外部対策はSEO内部対策ほどは重要ではないんだな」
「でも、しっかり外部対策の意識を持っておくことは大切だな」
「外部対策の方法を学ぶことで、良質なコンテンツの書き方がわかったな」
「あの大企業Googleが考えることは一般人の自分でも想像つくことなんだな」
というふうに思いました。

GoogleがすごいのはYouTubeや検索エンジンのようなサービスを作っていることなんだなと。
サービスを作ってしまえば、あとは人の心理を想像して対策を取ればいいんですね。

少し話がそれてしまいましたが
SEO外部対策について勉強した内容を書いていこうと思います。

僕はブログ歴1ヶ月の初心者です。
そんな僕でも理解できたので、一緒にSEO外部対策について学んでいきましょう!
もし、この記事の内容で間違いがあったら、連絡をしてほしいです笑

SEO外部対策とは(そもそもSEO対策とは?)

SEO外部対策とは(そもそもSEO対策とは?)

まず前回の復習からですが、そもそもSEO対策とはなんだったか?

SEO対策とは
検索エンジン最適化のこと。検索結果で自分のサイトを上位表示させるための対策のことでした。

そして「内部対策」と「外部対策」の2つに分けられるんでした。
今回は「外部対策」の方についてやっていきます。

SEO外部対策とは
自分のサイト外部に対して行う対策のことです。

と言われてもわからない方が多いと思います。(僕も「ん?」となりました。)
なので、もう少しわかりやすく結論を言ってしまいます。

SEO外部対策でやるべきことは
被リンクの「質」と「数」をいかに増やすか

SEO外部対策でやるべきことは
「質」の良い被リンクの「数」をいかに増やすか

ということです。

外部から見たサイトの信頼度や関連性といったものが重要なんですが
信頼度や関連性をあげるのが被リンク(他のサイトから貼られるリンク)らしいです。

「質」のいい被リンクの「数」が多い記事は「良い記事」だとGoogleに判断されると。

ということで、ここからは
「SEO外部対策の方法」=「被リンクを増やすための具体的な方法」
を考えていかなければならないんですね。

SEO外部対策の具体的な方法【2つに分けて考えます】

SEO外部対策の具体的な方法【2つにわけて考えます】

SEO外部対策の方法を大まかに次の2つに分けて考えていきますね。

  • 被リンクの「質」を上げる方法
  • 被リンクの「数」を増やす方法

被リンクの「質」を上げる方法

被リンクの「質」を上げるためのポイントは次の3つです。

  • リンク元のコンテンツとの関連性が高いこと
  • 被リンクが不自然なリンクでないこと
  • リンク元のコンテンツ自体が良質なコンテンツであること

この3つのポイントを意識した方法がこれです。

ずばり
自分のサイトの被リンクをチェックし、リンク元のページを分析するだけ

たったこれだけですが、注意するべきポイントがあるので説明していきます。

被リンクをチェックする方法【Google Search Consoleを使います】

それではまずどのように被リンクをチェックしていくかですが…
「Google Search Console」を使っていきます。

「Google Search Console」を使ってチェックする手順は

  1. 「Google Search Console」を開いてログインする。
  2. 左メニューの「リンク」を選択する。
  3. 「外部リンク」の「上位のリンクされているページ」の「詳細」を選択する。
  4. ページ一覧が表示されるので、チェックしたいページを選択する
  5. 選択したページのドメイン名が出てくる
  6. そのドメイン名をクリックする

この手順を終えると

  • 自分のコンテンツがどういったページにリンクされているのか?
  • 自分のコンテンツがどのように紹介されているのか?
  • どんなアンカーテキストで被リンクが貼られているのか?

などが確認できます。(実際に自分でリンク元のページを見て確認します!)

リンク元のページを分析する方法【3つのポイントをおさえましょう】

次は、リンク元のページを分析していくのですが次のことに注意しておけばOKです。

分析するときに注意するポイントは

  • ✕明らかに内容が全く関係のない被リンク(関連性がない)
  • ✕明らかに内容が流れに沿っていない被リンク(不自然な被リンク)
  • ○評価が高いページからの被リンク(自分の記事の質が高いと評価される)

この3つのポイントをおさえて分析していきましょう。
ちなみに評価が高いページというのは「EAT(専門性・権威性・信頼性)」があると言われています。

専門性とは
どれだけ専門的な内容であるか。雑記ブログよりも特化ブログという感じですかね?

権威性とは
どれだけそのサイトが知名度(ブランド力)があるか。よく言われるのは一般人より医者が医療のことを述べる方が権威性がある。

信頼性とは
どれだけその記事や記事主のことが信用できるか。顔出ししているかしていないかというあたりかな?

という感じです。もっと具体的に知りたいという方は「EAT Google」で検索してみてください。
僕もまた時間があれば勉強しようかなと思います!(今のところはまだ雰囲気でいいかなという感じです。)

ここまでは被リンクの「質」を良くするための方法でした。
次は被リンクの「数」を増やすための方法について書いていきます!

被リンクの「数」を増やす方法

被リンクの「数」を増やすための施策は次の3つです。

  • サテライトサイトを作成し、テーマを「絞る」「広げる」「ずらす」
  • SNSなど、検索以外の流入経路をつくる
  • 自分のコンテンツの質を上げる

ということで、それぞれについて詳しく書いていきます。

サテライトサイトを作成し、テーマを「絞る」「広げる」「ずらす」

サテライトサイトとは
WEBマーケティングのために立ち上げるメインサイトとは別のサイトのこと

ですが、簡単に言うとこのサテライトサイトからリンクを貼れば良いわけです!

ただ、ここには「落とし穴」があるんですね。
被リンクの「数」をただ増やすだけなら、それでもいいんですが………。

そうです!被リンクの「質」を気にしないといけないんです!
つまり、そのサテライトサイトがしっかり良質なものでないといけないんですね。

なので、この方法は僕も含めて初心者の方にはレベルが高い方法なんだと思います。
ということでこういうものがあるんだなというくらいで終わっておきましょう。

一応、テーマを「絞る」「広げる」「ずらす」とはどういうことかだけ簡潔にまとめておきます。

  • 「絞る」→メインサイトの多くあるテーマの中から、1つ選んで特化したサテライトサイトを作る
  • 「広げる」→メインサイト自体が特化している場合は、ターゲットを広げたサテライトサイトを作る
  • 「ずらす」→メインサイトにはないテーマの中から、関連性がありそうなサテライトサイトを作る

被リンクの「数」を増やすという方法の中でも被リンクの「質」を気にしないといけないんですね…。

SNSなど、検索以外の流入経路をつくる

これは単純にTwitterやFacebookなどのSNSにリンクを貼ることで流入経路を増やすということですね。

SNSはシェア機能が優れているので、網の目状にコンテンツが拡散されていくわけです。

SNSでの流入に関しては今回は勉強できていないのであまり言えません。
ごめんなさい………。パッと思いつくのは

「SNSでリンクを見た人が見たいと思うようなタイトルやアイキャッチ画像にする」
「SNSで拡散したいと思った人が拡散しやすいように記事を書く」

というような感じですかね…。間違ったこと言っているかもしれません笑

おそらく「SNS流入」と検索したら何かしら出てくるんじゃないかなと思います。

自分のコンテンツの質を上げる

さて、最後ですが「自分のコンテンツの質を上げる」

これが一番大切ですね。コンテンツの質が良くなければ誰も見ませんもんね。

これからもっと質の良いコンテンツが書けるように頑張っていこうと思います。
みなさんも一緒に頑張っていきましょう!

ということで、「良いコンテンツとはなにか」を最後にまとめておきます。
これはいろんな本やブログで学んだことです。

ずばり
読者にとって有益な記事であることがすべて

だと思います。
自分が読者として「この記事はタメになるかな?面白いかな?読みやすいかな?」
を考えていけばいいと思います!

SEO外部対策で使えるツールと特徴【無料と有料があるみたいです】

SEO外部対策で使えるツールと特徴【無料と有料があるみたいです】

最後にSEO外部対策について勉強していく中で、
SEO外部対策で使えるツールがあるみたいで紹介されていました。

僕はまだ「Google Search Console」しか使っていないのですが、
それぞれ「なにができるのか」だけは調べたのでここに書いておきますね。

興味があれば調べて使ってみてください!

Google Search Console【無料】

「Google Search Console」の特徴は
外部リンクの詳細やユーザーの検索ワードがわかる。無料。

言葉少なすぎ。語彙力がないのバレちゃいますね笑
ただ、今の時点はこんな機能があることとその使い方が分かればOKな気がします!

「Google Search Console」のページはこちらから

Majestic SEO【一部無料】

「Majestic SEO」の特徴は
URLを入力するだけでSEO外部対策のデータを見ることができる。無料で使える機能もある。

という感じみたいです。
URLを入力するだけなので、簡単というのがいいみたいですね!
僕も使ったことがないので、一度ちゃんと調べてから使ってみてくださいね!

「Majestic SEO」のページはこちらから

Ahrefs【有料】

「Ahrefs」の特徴は
URLを入力するだけで圧倒的なデータを詳細に分析できる。4つのプランがある。

という感じでけっこうすごそうなツールですね。
1ヶ月99ドルと179ドルなどのプランがあるみたいです。
安い方で1ヶ月約1万円か…どんなレベルの人が使っているんだろう?

「Ahrefs」のページはこちらから

まとめ:SEO外部対策とは「質の良いコンテンツを作る」こと

まとめ:SEO外部対策とは「質の良いコンテンツを作る」こと

ということで、SEO外部対策について勉強していきました。
前回の内部対策を合わせることでSEO対策について理解することができたと思います。

もちろん細かいところまでできているとは全く思いませんが、そこまで極めなくてもいいと思います。
なぜなら、SEOを仕事にするわけではないから。

もちろん、ブロガーを本気でメインの職業にするなら別ですが…。
やっとここでSEOに関しては並のブロガーの知識になれたと思います!

話がそれましたが、SEO外部対策を勉強して思ったことは

  • 「質」の良い被リンクの「数」を増やせば検索順位が上がる
  • 質の良いコンテンツを作ることがそのすべて
  • 外部対策の方法は具体的に挙げればキリがない

ということです!

よし!質の良いコンテンツを書けるように頑張るぞ!

今回、参考にさせていただいた本は次の2冊です。
とりあえず記事に書いてあることだけでいいとは思いますが、興味があれば読んでみてください!

ここからは僕の前回と同じく感想タイムです。(以上でSEO外部対策については終了です!)

SEO内部対策はやっておかないと完全に差がついてしまうからやばいと思ったんですが
SEO外部対策に関してはやらなくてそんなに差がつかないのかなと思いました。

とにかく質の良いコンテンツを書くということ!

さて、話は変わるのですが
SEO対策について勉強することで、Googleという存在が少し親しいものに感じるようになりました!

もちろんGoogleはすごい企業だとは思っています!
ITシステムやサービスはGoogleに支配されているといっていいくらいで、
Googleのおかげでたくさんの人の生活が豊かになっているんだろうなと思います。
こんなことを最初にやろうと思ったのがすごいな〜という感じです!

ただ、GoogleのSEO対策に関しては
一般人の僕でも少しでも考えると思いつくようなことだなと。

Googleに入社した人も同じ人間なんだなと思うと少しうれしいです笑
ごめんなさい。調子乗りすぎですね笑

あとは、「勉強は受け身でするのではなく、目標をもって自分から学ぼうとするのが大切」だと思いました。

というのも、昨日はSEO内部対策、今日はSEO外部対策の勉強をしましたが
このどちらも僕には「SEOについて勉強したい」「内部対策を勉強したから次は外部対策を勉強する」
という考えがあって勉強をしたんですね。

そうすると自然とどれだけでも勉強できるんですよ!
自分が知りたい・やりたい・目標のためにやらなければならないと思って学ばないと意味がないんだなと。

しかも自分で興味を持って考えながら学ぶことで
目標に沿った考えや普段は思いつかないようなアイデアが出てくるんですよね。

やっぱり自分のやりたいことのためにやりたいことを一生懸命するのがいいのかなと思います!
僕の場合は「自分の知らないことを色々勉強したい」がやりたいことなんだと改めて思いました。
だから、飽き性なんですね笑

元教員の立場から言うと、先生の仕事は
「子どもたちに勉強をイヤだと思わせないためにはどうするべきか考えて実践すること」
なんだろうなと思いました!

今日はまだまだ語りますよ、すみません!

結局コンテンツ重視というのがこれからの時代なんですよね。

ということはすでに決まっていることに関しては情報はもう集まっているんですよね。
すぐに調べたら出てきてしまうということです。

つまり、これから僕たちが考えていかないといけないのは
「どうすればたくさんの人がお互いに幸せに生きていけるのか」
だと思います!

これを考えていくことがこれからのビジネスで大切なことなんだろうなと思います。

「いかにたくさんの人を幸せにしていけるか」

「どれだけの人の心を動かすことができるか」

「どうすれば人の心を動かすことができるのか」

喜怒哀楽がこれからの時代のポイントだと思っています!

僕の感想は以上です!こんな長い文章を読んでいただいてありがとうございました!
キドラク(KID I LIKE)のかしわいでした。

ぜひブックマークして次の記事も読んでいただけるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました